当社がオススメする『A4縦半チラシ』とは

 サイズは、102mm×297mm。A4の紙を縦で半分に切った形です。紙厚も110kgと厚手の紙を使っていますので、ポストに入れやすく、ポストの中でのインパクトも大きいことが特徴です。
 A4縦半チラシの形状は、ポストに入れやすいだけでなく、新聞折込では一番上に入れてもらいやすいことも利点のひとつです。(まれに、新聞折込して頂けないエリアもありますので、新聞折込として使われる方は、前もってご確認下さい。)
 A4縦半チラシの特徴は、縦長の形状なのでサイズは大きく見えますが、実質はA5と同じ面積です。それゆえ、安く作れます。そして、表面を「価格訴求」、裏面を「品質やサービスの訴求」とメリハリを付けやすい形状となっています。
A4縦半チラシはクーポン付チラシです。持ってきた人のみの割引ですので、実際の割引率は低く抑えらることも特徴です。

『A4縦半チラシ』を作りたいと思った時の注文方法

 御社のオリジナルチラシを作らせていただきますので、どういうモノを作りたいか、原稿案を頂き、それを元に作ります。しかし、全てを一から考えることは難しいと思いますので、最初はあとで紹介させていただきます「完成見本」を参考にしながら、同じく下に記載のマニュアルに沿って記載の「簡単オーダーシート」に原稿案を書いてください。こだわる方や慣れてきた方は、デザイン見本から離れて、どんどんオリジナル性を出して下さい。

※内容を決めかねる場合や不安なことなどありましたら、お気軽にお電話下さい。
【納期目安】 注文を頂いてから 約2~3週間 を目安としてください。尚、2月~4月は非常に混み合います。できるだけ早めにご注文ください。

『A4縦半チラシ』を作る際に、ご用意していただくもの

1)店舗写真・・・・引き気味で5枚程度(その中から、当社で選ばせていただきます。)
2)店舗情報・・・・住所/電話番号/営業時間/定休日
3)店舗地図・・・・手書きOK。過去に製作物があれば、そちらを支給下さい。
4)載せたい代表的な商品の定価・・・・ワイシャツ、ジャケット等 8品目程度。
5)シミ抜き訴求用のビフォーアフター写真や、仕上げの写真など品質訴求できる写真等。

『A4縦半チラシ』の推奨印刷枚数

 売上は客数に比例します。ということは売上は配る枚数に比例します。但し遠方になると反応率は下がりますので、多く配ればいいというものではありません。A4縦半チラシ成功の秘訣は、1回の枚数の多さよりも「毎月1回必ずポスティングする」といった頻度の高さです。そのためにまず、半径500m以内の一次商圏の世帯数を調べます。
その一次商圏の世帯数が推奨する印刷&ポスティングの枚数です。

『A4縦半チラシ』成功の秘訣

 クリーニング業界のお客様の70%が女性です。女性は地図を読むことが苦手な場合が多いですが、その代わりに風景をよく覚えています。チラシに店舗写真を入れることは大切です。それとチラシは何度も入れ続けることが大切です。「同じポストにチラシを何度も入れて、大丈夫ですか?」と質問を頂くこともありますが、月1~2回程度なら問題はありません。それどころか信頼が高まります。
 A4縦半チラシを毎月1回、ポスティングし続けると2年後には地域の占有率は30%を超えてきます。例えば毎月5,000枚をポスティングすると、2年後の顧客数は5000×0.3=1,500人。1人当たりの年間売上が1万円なので、1,500人×1万円=1,500万円。これで年商1,500万店舗が出来上がります。
 逆に欲しい売上からポスティング枚数を決定するという方法もあります。
先程の占有率30%、年間支出1万円から逆算すると、
◆年間売り上げ目標1,000万円なら 1,000万円÷1万円÷0.3=3,333枚
◆年間売り上げ目標1,500万円なら 1,500万円÷1万円÷0.3=5,000枚
◆年間売り上げ目標2,000万円なら 2,000万円÷1万円÷0.3=6,666枚
が推奨する印刷枚数です。但し、一次商圏内にその世帯数がない場合や、年商2,000万円以上のお店を目指す場合は、やり方が異なってきますので お問合せ下さい。

『A4縦半チラシ』注文時のワンポイントアドバイス

 A4縦半チラシはその名の通り、A4サイズを縦半分に切って完成します。そのため、右側の有効期限を4月末、左側の有効期限を5月末という風に2種類作ることが出来ます。2ケ月分をまとめて作った方が印刷コストも下がりますし、チラシ作成の手間も減りますので、「2ケ月分のまとめて注文」をオススメします。

A4縦半チラシ完成見本

  A4縦半チラシの完成見本を紹介します。チラシを考える時の参考にして下さい。

A4縦半チラシ簡単作成マニュアル

 あなたもA4縦半チラシを作りませんか?

 当社では多くのクリーニング店様にチラシのポスティングをオススメしていますが、「何のためにやるのか?」を考えずにポスティングするチラシを作っても失敗する場合があります。
「新規客様より既存客様が大切。既存客様の来店のきっかけ作りがメインで、新規客様も来てくれたらラッキー!」これが当社がポスティグチラシを作る時に考えていることです。
 クリーニング店を利用している既存客様に「こんな商品が洗えるコトご存じですか?」 「クリーニングに出すコト、忘れていませんか?」とお知らせする為に、チラシを作りポスティングして頂いています。そして、その結果「既存客様の年間来店回数を増やしたい。」それがポスティングの目的です。
 「既存客様になぜ、割引をしないといけないのですか?」という質問をよく受けますが、お客様は別に「既存客様」と思っていませんし、そもそもクリーニングに興味がないのです。クリーニングを思い出すための「キッカケ作り」のためにチラシをポスティングする必要があります。ですので、割引をしないチラシでも大丈夫ですし、割引をする場合も割引率は抑え気味でOK!・・・ココ、ポイントです。

 当社では多くのクリーニング店様にチラシのポスティングをオススメしていますが、「何のためにやるのか?」を考えずにポスティングするチラシを作っても失敗する場合があります。「新規客様より既存客様が大切。既存客様の来店のきっかけ作りがメインで、新規客様も来てくれたらラッキー!」これが当社がポスティグチラシを作る時に考えていることです。
 クリーニング店を利用している既存客様に「こんな商品が洗えるコトご存じですか?」
「クリーニングに出すコト、忘れていませんか?」とお知らせする為に、 チラシを作りポスティングして頂いています。そして、その結果「既存客様の年間来店回数を増やしたい。」それがポスティングの目的です。
 「既存客様になぜ、割引をしないといけないのですか?」という質問をよく受けますが、お客様は別に「既存客様」と思っていませんし、そもそもクリーニングに興味がないのです。クリーニングを思い出すための「キッカケ作り」のためにチラシをポスティングする必要があります。ですので、割引をしないチラシでも大丈 夫ですし、割引をする場合も割引率は抑え気味でOK!・・・ココ、ポイントです。

 では、具体的なポスティグのやり方について説明します。まず一番最初に行って欲しいことは名簿の整理です。お客様がどこに住んでおられるのか、どの地域が強いのかがわからないと、効率のよいポスティングが出来ません。そのために名簿を整えます。この時、POSレジに入力する「住所入力の形式」は次のようにこだわって下さい。
 ①まず、地域の郵便番号一覧を用意ください。最近のPOSレジは郵便番号を入れると住所が自動入力されるものが多いです。「住所を揃える」「同じ形式で入れる」ことをしないと、地域別の顧客数の把握が難しくなります。
 ②次にこだわっているのが、住所の入力方法です。
 ■住所1:住所をマンションの部屋番号まで入れます。
 ■住所2:マンション名のみ入れます。・・・・これ、重要!!
 住所1に、郵便番号変換の住所のみを入れ、住所2に番地を入れる方もおられますが、これはオススメしていません。なぜなら顧客データをレジから抜きExcelなどのソフトでデータを見た時、「1-1」という数字だけの枠は「1月1日」のように日付に変換されてしまうからです。なお住所2にマンション名のみ入れることをオススメしている理由は、お客様によってマンション名の書き方が違うため、Excelで並び替えを行ったとき、キレイに並ばないからです。

 売上はお客様の数に比例します。自社の商圏世帯数とエリアの占有率を調べることが大切です。
 まず最初に自店舗から500m以内の商圏世帯数を調べます。これは市役所のホームページやポスティング会社のホームページを見ると簡単にわかります。「なぜ500mなのですか?」という質問を頂く場合がありますが、クリーニングは「持って行く」「取りに行く」と2回の行動が必要なので「近い」ことがお店を選ぶ基準になるからです。そのお客様の近いと感じる距離は本当の距離ではなく時間距離です。その近いという時間距離は「5分以内」です。
 5分の移動距離は徒歩で350m、自転車で1,000mですので、当社では1次商圏を500mと定義し、そのエリアの占有率を高める所から始めて頂きます。まずは1次商圏内のエリアを右記のような表から選び、自社の商圏世帯数を確定させます。 

次に各エリアの占有率を調べます。この時に【その1】で行った「名簿を整える」が役立ちます。POSレジから顧客データを抜き出し、Excelで「並び替え機能(住所1列)」を使えば、簡単にエリア毎の顧客人数がわかります。ここでひとつ、注意して欲しいことがあります。それは「1年以内に来店のあるお客様データ(=有効会員数)だけを使う」ことです。POSレジから抜き出した顧客データは、POSレジを導入してからの全てのデータが入っていますので、Excelで「最終来店日(売上日)」で並び替えを行い、1年以内に来店のあるお客様データだけを切り取って使ってください。その後、「住所1」で並び替えを行い、エリア毎の人数を調べます。
 最後に「エリアの顧客数」÷「エリアの世帯数」×100(%)でエリア毎の占有率を求め、それを地図に書き込みます。エリアの占有率は毎月変わるので、付箋紙を利用することをオススメします。この見える化によりどのエリアが強いのか、そして近隣に世帯数がいくつあり、まだどれくらい新規客様を獲得できるかわかります。

 「ポスティングは業者に頼んだらいい」と思っているあなた!それは大間違いです。自分の足でポスティングしてみないと各エリアの特徴もわからないし、お客様の導線もわかりません。1時間に何枚配れるかもわかりませんし、その地域でポスティングできないマンションの数も、そして他人にポスティングを任せた時の不正も見抜けません。まず最初は必ず自分で地域にポスティングをして下さい。
 実際やってみると「あれ、ここ配ったっけ?」ってことがよくあります。そこで何点か注意事項をお伝えします。
①道はジグザグに進んではいけません。面倒でも道の片側だけを配り、戻ってきてもう一方を配って下さい。コツは1丁目1-1から順に回った方が、歩く距離は無駄があっても間  違えがなく良いです。この配り方だとエリアにもよりますが最初は1時間に200枚程度  しか配れませんが、まずはここから始めてください。
②ポスティングMAPを作ってください。あらかじめ、どの道順で歩くかをイメージしておくのが大切です。下記のようにお客様の表札が書いてある地図を購入してお客様の家を枠で囲み、基本地図を作ります。次に「○○町4丁目」のようにエリア毎にA4サイズで分割コピーします。そして、歩く道順を書きます。

 ここまで読んでいただいた皆様は、ポスティングのやり方がなんとなくイメージ出来たと思います。ここで重要なことを伝えます。それは「ポスティングする覚悟を決める」事です。これは、とても重要です。なぜならチラシは、同じポストに何度も何度も入れないと結果が出ないからです。同じポストに3回入れて、地域のお客様にやっと少し認知されます。そして、同じポストに7回入れた時、急に反響が良くなります。最低でも年8回、出来るなら毎月1回、年12回、同じポストにチラシを入れ続けるという覚悟が必要です。この覚悟を持てるかどうかが、成功と失敗の分かれ目です。やるならこの覚悟をしてください。逆にポスティングの効果がわかっている人は、同じポストに7回入れた時、急に反響が良くなるから、強化したいエリアは月2回ポスティングするといった事をします。
 なお、ポスティングを行うと手が傷だらけになるので、滑り止めのついた手袋と、チラシやDMを入れるリュックサックは必須です。リュックサックは、ポケットが多い方が便利です。またポスティングはがんばりすぎると継続できません。2時間を超えると急に苦痛になります。毎日少しずつ、1日1~2時間早起きしてポスティングする事が、継続&成功の秘訣です。

 当社のポスティングのやり方は、既存客様の来店を促しながら、新規客様も獲得するというやり方です。既存客様のポストにも毎月チラシを入れるので、月1回は割引になってしまいます。なので、「割引率は低め」です。5点以上は20%OFF、1~4点は10%OFFをオススメ(もちろんお客様の希望により自由に変更は出来ます)しています。
 チラシは毎月1回、年12回、同じポストに入れるので、お客様に見慣れてもらう為にもデザインの大枠は変えません。それよりもチラシの持ち運びの良さや、ポストへの入れやすさ、ポストの中での存在感を重視します。そんなことを考慮して生まれたのがこのポスティング専用の「A4縦半チラシ」です。
 これは、A4用紙短辺を半分に切ったサイズ(297×102)で、両面フルカラーです。紙は厚めのマットコート110kgを使っています。「“ポスティングの神”岡本クリーニング様」の許可を頂いたので、こちらで実際に使っていたチラシを公開します。 
 毎回の変更点は、❶店舗外観写真、❷クーポンの有効期限と右側の季節クーポン、❸裏側04だけ。これをもう、2年以上、毎月1万枚、地域にポスティングされています。その継続してきた結果を教えて頂いたのですが、「反応率はなんと3%以上。年間新規数は1,000人超え」でした。継続は力なり・・・と言いますが、凄い結果です。この様な結果は岡本クリーニング様だけでなく、同じように継続して「A4縦半チラシ」を作りポスティングされている多くのクリーニング店様のチラシ反応率も高く、売上も伸びています。この成功例を多くのクリーニング店様に体感して頂きたく、下記にございます「A4縦半チラシ」を簡単に作れるマニュアルを作りましたので、ご覧下さい。

 売上は客数に比例します。=売上は配るチラシ枚数に比例します。チラシは多く配った方が良いのですが、遠方のお客様を獲得してもリピート率が低いという問題があります。そこで当社では、「商圏世帯数」と「欲しい売上」から枚数を決定して頂きます。
 まず、【その2】で導き出した商圏世帯数(=A)に対し、「A×0.3×1万円」を計算します。これはクリーニング業界の場合、ポスティングを毎月行い、2年ぐらい経つと配ったエリアの占有率は30%以上になる事、そしてお客様の年間支出が1万円という今までの実績に基づく式です。例えば商圏世帯数が6,000世帯の場合、
6,000世帯×0.3×10,000円=1,800万円です。この売上が欲しい場合は、毎月のポスティング枚数は6,000枚です。ご予算などにより枚数の変更は可能ですが、「売上」と「配ったチラシ枚数」は比例する事をご理解下さい。
 それと裏技を1つ。チラシを毎月注文するのは面倒なので2ケ月分をまとめて注文することをオススメします。「A4縦半チラシ」は倍の大きさのA4サイズで印刷する為、例えば一方の有効期限を4月末、もう一方の有効期限を5月末といった作り方が出来ます。さらにこの場合、コストも下がります。「A4縦半チラシ」を6,000枚注文した場合の1枚単価は@4.7円ですが、2ヶ月分の12,000枚を注文した場合の1枚単価は@3.7円となります。

 印刷会社である当社がどんどんチラシをポスティングしましょう! と言うと「印刷会社だからそんな事を言うのでしょ!」という疑いが起きるかもしれませんが、それは違います。最後に経費メリットも含めて、あるクリーニング店さんの例を書かせて頂きます。  年商1,500万円のクリーニング店様の従来のやり方は、売上を下げない為に、年間2回、1,500枚のDMを郵送し、チラシを春2回、秋1回、毎回5,000枚、新聞折込していました。しかし、ここまでの経費をかけて、売上は横ばいでした。その時の販促費用は、 ■DM代:70円×1,500枚×2回=210,000円(切手代も含む)
■チラシ代:12円×5,000枚×3回=180,000円(新聞折込代も含む)
年間販促費の合計額は390,000円。
年間の販促比率は2.6%でした。
これを【石井文泉堂企画】にチェンジしてみると
このお店で毎月5,000枚の「A4縦半チラシ」をポスティングして頂きました。(正確には年10回)
■「A4縦半チラシ」の印刷代:3.8円×5,000枚×10回=190,000円
■「A4縦半チラシ」のポスティング代:3.0円×5,000枚×10回=150,000円(自社ポスティングの経費を1枚3円で計上しています。)さらに、自社でポスティングするので、今まで郵送していたDMも宛名印刷して、自分でポストに入れる事にしました。全てのDMをポストに入れる事は出来ませんでしたが、85%のDMは自分で配ることが出来ましたので、
■DMの印刷代:18円×1,500枚×2回=54,000円
■DMの郵送代:52円×1,500枚×0.15×2回=23,400円
この時の年間販促費は417,400円。年10回、ポスティングしても年間販促費はほとんど変わりませんでした。しかし、結果は大きく違いました。
①まず、既存客様の来店回数が増えました。 →→2年後に10%UP
②有効会員数も増えました。 →→2年後に15%UP
③客単価も増えました。 →→2年後に5%UP
 それぞれの数字はそれほど増えていなかったのですが、2年後の売上は1,500万円→2,000万円に増えていました。経費の使い方を変えただけで、売上が500万円も増えたのですから、増えた売上の多くが利益になりました。そして何より、この経営者様の持った自信の大きさが会社の財産であり、支えなのです。

 クリーニング業界の販促費の中で最もコスト高なものは切手代です。しかし、お客様の85%は近隣500m以内のポスティングエリアに住んでおられます。それなのに何故、DMを郵送するのですか?チラシをポスティングする時にDMも一緒にポストに入れる(ポストIN)それが「正しいポスティングのやり方」の本当の答えです。チラシを配る時にDMも一緒にポストINする為に、【その1】で名簿整理からお伝えし、【その3】でお客様の家を枠で囲む基本地図を作ることをお伝えしたのです。但し、DMをポストインする時には、切手の欄に「ご近所メール便」と印刷しないと郵便局からクレームが来る場合があるのでご注意ください。ちなみに前ページで2年で1,500万円から2,000万円に増えた例は、チラシを公開させて頂いた岡本クリーニングさんではありません。
※岡本さんはポスティングの神です。もっと増えていますから(笑)

 この「正しいポスティングのやり方」の通りチラシとDMを継続的にポストに入れることで
 ■売上と利益が増え、経営が安定する。
 ■自店舗の商圏動向がわかり、将来の不安が減る。
 ■お客様との関係性が深まり、地域のブランドイメージを高めることができる。
 ■健康的にダイエットもできる。
などの効果がある、楽しい事です。是非、ポスティングを楽しんで下さい。
 今回、紹介したポスティングのノウハウは、大阪市福島区にあるマツオカクリーニング様に教えて頂いたノウハウをベースに、当社アンテナショップで実際に行ってきたことを紹介させて頂きました。そして、このノウハウを引き継ぎ、より進化させて成功されているのが、神戸市東灘区の岡本クリーニング様です。ポスティングは、チラシを配るだけではありません。もっと深く意味のあることです。そんなことが伝わり、皆様のお役に立てればと思います。